ゴルフでOBかもしれないときのルールを利用

念の為に行っておくと良いということがあります。鉄道などにおいて、切符を紛失することがあります。この時はもう一度料金を支払う必要があります。この時に、紛失のために支払ったということにしておきます。後で切符が見つかった時に、払ったものを戻してもらえることになります。見つからないかもしれませんが、見つかった時のことを考えておくということです。大きな金額の場合には差が出ることもありますから、気をつけたいところです。
ゴルフにおいて、大きくボールがそれてしまうことがあります。そして森の中に入ってしまいました。大体の場所はわかりますが、OBかどうか不明なところです。もしOBであればもう一度打ち直す必要があります。一方大丈夫であればその場から打てることになります。森の中を探してみたところ、一応エリア内に入っていました。この時に特殊なルールがあるということです。それを利用することで、ゲームの進行を遅らせないで済むことがあります。
それは、暫定球の宣言をするということです。OBかもしれないというとき、とりあえずOBの時に備えて打っておくということです。そして、実際にOBや紛失であれば、その暫定球を正式球としてプレーを続行します。一方、エリア内ということであれば、そちらで続行し、暫定球は取り消しをしてもらうということです。OBの場合はペナルティーが付きますが、エリア内から続行するときはペナルティーはありません。周りのことを考えた行動です。

ゴルフでのボールとティーのルール

あるテレビ番組で、卓球競技で使用されるピンポン玉の製造工程が紹介されていました。プラスチックのようなものをあわせて球状にするところまではわかります。問題はそれ以降です。ピンポン玉といいますと中が空洞になっています。見た目は真ん丸なのですが、製造過程によって、ちょっとしたずれが生じることがあるようです。その検査として、ボールを転がす検査があります。曲がるようであれば公式球にはならないということです。曲がりの度合いで、国際試合用や練習用などになるということです。
球技という場合には、それぞれ使われるボールについては決まりがあるということです。それを元に、各メーカーが製造することになります。この時、大体この幅ということで決められることが多いので、メーカーによって違いが出ることもあるということです。ゴルフで使われるボールに関しては、ルールにおいて、大きさと重さが定められています。これ以下にしてくださいということです。大きければ当たりやすいですし、重ければ飛びやすくなるからかもしれません。メーカーによって違うなら、良いメーカーのものを選びたいです。
その他に定められているものとしては、ティーアップ時のティーの高さについてです。こちらに関してもこれ以下にしてくださいとなっています。高くなっていれば、それだけ打ちやすくなります。短い分には問題ないですが、そうすれば打ちにくくなります。自分にとってはどの方が良いのかということになると思います。こちらもぎりぎりのものを使うようにします。

ゴルフにおいては自分でルールに基づいて行動

[Continue reading]

ゴルフにおいてグリーンのみのルールを知る

[Continue reading]

ゴルフにおいてティーグラウンドだけのルール

[Continue reading]

可愛いウエアでゴルフデビューしよう

[Continue reading]

ゴルフのウエアについて。

[Continue reading]

ゴルフウエアをおしゃれに普段着として着る

[Continue reading]

流行のゴルフウエアを考察する

[Continue reading]

ゴルフウエアもお洒落したい!

[Continue reading]